自然回帰を実現する樹木葬

家族や自分が亡くなった後は火葬されてお墓で眠りにつくと思っている人がほとんどです。しかし、現在では少しずつお墓以外の場所で眠りにつく動きが見られるようになってきました。



その中のひとつには樹木葬と言うものがあります。

これは霊園や寺院などに植わってある樹木の下にお骨を埋葬したり、山などに樹木や草花を植えてその下にお骨を埋葬するというものです。樹木葬を行うことにはいくつかのメリットがあります。
まずお墓の下に埋葬するわけではありませんので、これまで必要とされていたお墓が必要なくなります。



お墓を代々継承していくことは決して悪いことではありません。


ですが、最近は自分が亡くなった後にお墓の管理をしてくれる人がいないケースや新たにお墓を建てる金銭的な余裕がないケースが多いです。そのため、樹木葬は管理が必要ない、比較的安価に行える埋葬方法として注目されています。
遺骨を骨壺などに納めて樹木の下に埋葬する方法以外にも、遺骨をパウダー状に粉砕し、それを樹木の周りに撒くという方法もあります。
これは散骨と樹木葬が合わさったスタイルで、自然回帰を実現することができます。



骨になった後はお墓の下で眠るだけではなく、自然に還りたいと考えている方にオススメだと言えます。
樹木葬にはこれらのメリットがあります。
ただし、世間でのお墓を持たない埋葬に関する理解度は100パーセントではありません。

お墓を持たないことに抵抗がある人もいますので、あらかじめ家族としっかり相談して決めておくことが大切です。