無宗教葬を希望する人におすすめの自然葬

main-img

一般的に、多くの霊園や納骨堂は寺院などの宗教団体によって運営されていて、宗教・宗教が指定されているケースがほとんどです。

宗教不問の公営の墓地もありますが、人気が高いので抽選に当選しなければ利用することができません。菩提寺のお墓がある場合でもそのお寺の僧侶に葬儀を執り行ってもらい、戒名をつけてもらわなければ埋葬することができません。
そのため宗教的な信条を持っていない人であっても、お墓の事を考えて菩提寺とお付き合いをしているケースもあるほどです。
故人や家族が無宗教葬(自由葬)を希望していても、菩提寺のお墓に埋葬してもらうために仏式の葬儀を選択する場合もあります。

従来型の墓地に対して自然葬を選択すれば、宗教・宗派に関係なく誰でも埋葬を行うことができます。



一部の樹林葬墓地は宗教団体が運営しているケースがありますが、宗教・宗派が不問の施設がほとんどです。散骨を選択すれば、宗教的な信条は一切関係なく埋葬を行う事ができます。



自然葬であれば埋葬の際に宗教者に立ち会ってもらう必要がないため、無宗教の自由葬で葬儀を執り行うことができます。



一般的に従来型の墓地や納骨堂では、宗教的な信条に基づき遺骨を保管して定期的に供養などが行われます。
そのため、施設の利用者は毎年管理費を支払わなければなりません。そのため宗教的な信条を持たない人や別の宗教を信じている場合には、自分が信じていない教理のために出費を強いられることになります。
散骨や樹木葬などの自然葬であれば管理費用が不要なので、自分が信じていない宗教的な信条のために出費をする必要がありません。

自然葬を選択することで宗教的な“束縛”から解放され、自由に葬儀を執り行うことができます。

さらに管理費用に加えて戒名や埋葬時の読経または祈祷なども不要なので、葬儀の際の経済的な負担も軽くなります。

自然葬のおすすめ情報

subpage1

誰かが亡くなったとき、必ず行わなければならないことがあります。それは遺体や遺灰を眠りにつかせることです。...

more

自然葬の常識

subpage2

自然葬とは死後に自然に戻る埋葬方法のことを言いますが、主な自然葬としては海洋散骨と樹木葬の2種類があります。前者の場合は遺骨を砕いて海に撒くというやり方であり、後者では墓石の代わりに樹木を墓標として遺骨を土の中に埋葬する形となります。...

more

樹木葬の意外な真実

subpage3

家族や自分が亡くなった後は火葬されてお墓で眠りにつくと思っている人がほとんどです。しかし、現在では少しずつお墓以外の場所で眠りにつく動きが見られるようになってきました。...

more

樹木葬関係の情報

subpage4

お墓は代々墓守をたてて継承する必要がありますが、少子化が進む現代社会ではお墓を継承する子どもがいなくなってしまうことも少なくありません。そこで注目されているのが継承者がいなくても永代供養できる樹木葬です。...

more