自然葬が注目されている理由

誰かが亡くなったとき、必ず行わなければならないことがあります。

それは遺体や遺灰を眠りにつかせることです。

もともと日本では墓石の下に遺骨を納める埋葬方法が主流でした。しかし、様々な理由から近頃ではお墓を用いない自然葬が注目されています。
自然葬とは遺体や遺灰を自然に還すという葬送の方法です。


自然に還す方法としては、火葬した遺灰を海や山といった自然の中に撒く散骨や霊園に植わっている樹木や故人や遺族が植えた樹木の下に遺骨を納める樹木葬などがあります。



これらには従来のお墓の埋葬にはない特徴やメリットがあります。



自然葬であれば暗いお墓の下で眠らないくて良いというメリットがあります。

最近では思想の変化により暗いお墓の下で眠るよりも自然を感じられる樹木の下や海などで自然に還りたいと考える人が増えています。

また、経済的な面でもメリットがあります。



お墓を建てる場合は数百万程度かかってしまうことがあります。


そのため残された遺族の経済的負担を考慮して自然葬を希望する人も増えているというわけです。


なかにはお金をかけただけで心のこもっていない葬送は嫌だという理由から、敢えて自然に還りたいと遺言に残す人もいます。
自然葬にはこのような特徴やメリットがあるため、注目されつつあります。


しかしながら、亡くなった人は絶対にお墓に入るべきだと考えている人も一定数います。

そのため、自分や家族をお墓以外の方法で眠りにつかせたいと考えているのであれば、トラブルを避けるためにも話し合いの場を用意しておくことをオススメします。