自然葬を行うメリットと注意点について

自然葬とは死後に自然に戻る埋葬方法のことを言いますが、主な自然葬としては海洋散骨と樹木葬の2種類があります。



前者の場合は遺骨を砕いて海に撒くというやり方であり、後者では墓石の代わりに樹木を墓標として遺骨を土の中に埋葬する形となります。



そして、どちらの場合も大自然に戻りたいという気持ちにこたえるものであり、しかも一般的な墓よりも安い費用で行うことができるというメリットがあります。


さらに自然葬は、跡取りがいなくても永代供養として利用することができるので、その点でも少子化の進む現代人向きの方法であると考えられます。以上のように自然葬にはいろいろなメリットがありますが、その一方でこれを行う場合には注意すべき点もあります。
海洋散骨の場合は海で遺骨を撒くことになりますが、遺族が舟が苦手な場合には負担になってしまったり、また天候に左右されるので最初に決めた日程でおさまらない可能性が出てきます。
樹木葬の場合は木を墓標にすると言っても、実際には里山型と公園型の2種類があるので、樹木葬ができることになっていても、どちらのタイプなのかをしっかりとチェックすることが大切です。

また、どちらの場合も最近になって注目されるようになってきたので、親戚の中には昔からの葬儀の方が良いと感じ、このような自然葬に好感が持てない人達もいる可能性があります。ですから、この種の葬儀にしようと決めた場合は早めに親戚に対しても事情を説明しておくことをお勧めします。