樹木葬を行う場所や方法とは

お墓は代々墓守をたてて継承する必要がありますが、少子化が進む現代社会ではお墓を継承する子どもがいなくなってしまうことも少なくありません。そこで注目されているのが継承者がいなくても永代供養できる樹木葬です。



樹木を墓標とするために墓石を購入する必要はなく、お墓を購入して建てるよりかなり費用を抑えることができるという特徴があります。
では、樹木葬をするにはどうすれば良いのでしょうか。
樹木の下に遺骨を埋葬するといっても勝手に埋葬する訳にはいきません。
墓地埋葬等に関する法律にしたがって遺骨の埋葬が認められた場所で行う必要があります。

現在は霊園が運営する公園型の樹林墓地に埋葬するケースとお寺が管理する山里に埋葬するケースが主流となっています。



公園型の樹林墓地は都市部に多く比較的交通アクセスが良いところにあるのが特徴です。

一方、山里型の場合は広い土地が必要なために、交通アクセスはよくないものの人工的ではない自然に還ることができます。また、墓標のタイプとしては1人の遺骨に対して1本の樹を植えるタイプと1本の気の周りに複数の遺骨を埋葬するシンボルツリータイプがあり、さらにシンボルツリータイプにはどこに埋葬されたか分かるように区切る区画型と1本の樹の下に他の遺骨と一緒に埋葬する合同型があります。樹木葬を行うためには樹木葬ができる寺院や霊園と契約を交わし埋葬してもらいます。契約は遺族が行うことも可能ですし、生前に故人自身が契約することもできます。


生前に契約される方も多く、見学ツアーなどを行っているところもあります。



このように樹木葬にはさまざまなタイプがあります。

霊園によっては樹木を選べる場合もあります。

料金体系や内容を確認して選ぶようにしましょう。