相手先とのファクタリングを考えた比較を

subpage01

2つのファクタリングがあり、2社間と3社間になります。

ファクタリングのおすすめ情報を探すならこちらです。

売掛債権の現金化を希望しているのであれば、この比較はしっかり理解しておくべきです。

買取代金にも影響を及ぼしますし、相手先の想定外な倒産などによって逆に負債を抱えることにも成りかねません。ちゃんとリスク回避をしたファクタリングをするためにも、比較するべきなのが2社間と3社間のファクタリングになります。

2社間となると、相手先に知られることなく、売掛債権をそのまま現金化することが可能です。早い会社であれば、即日にも現金化することができますので、よく比較されるポイントになるでしょう。


しかい買取代金が安くなる傾向があります。
債権を回収する会社にとってみれば、相手先の調査は必須です。

もし潰れてしまうようなことになれな債権の回収ができなくなることから大きな痛手となってしまいますので、慎重な調査をしそこで買取金額に影響を及ぼすことになります。
即日現金化は魅力的ですが、このような欠点もあることを知っておきましょう。

逆に3社間になると、相手先もファクタリングに関与することになりますので、承諾してもらうことができれば、スムーズな現金化を実現させることができます。契約不履行も起きなくなりますので売掛債権の買取金額もアップする期待を持つことができます。



しかし調査費用などで手数料も大きくなることから、2社間との違いをよく把握してから選ぶことをおすすめします。



そのために2社間と3社間の比較は、ファクタリングにおいて重要なポイントです。